私の父は健康マニア

体質改善に効果の高い乳酸菌とは

乳酸菌とは数ある細菌の中でも人間にとって有効な善玉菌として知られています。また様々な発酵食品にとって欠かせない存在であり、古くから人間の食生活、食文化と深いかかわりがあります。乳酸菌とは一体どんな細菌でどのような効果をもたらすものなのでしょうか。

 

・乳酸菌とはなにか

乳酸菌とは、代謝により糖類から乳酸を生成し、且つ悪臭の原因となる腐敗物質を作らない細菌の総称です。

 

ヨーグルトに含まれていることはよく知られていますが、その他にもキムチや浅漬け、ピクルスといったお漬物類、更には鮒寿司やなれ寿司など様々な発酵食品に含まれています。乳酸菌が生成する乳酸は食品を酸性に向かわせ、食中毒の原因となる細菌の繁殖を抑えます。それにより食品の長期保存を可能になるとともに、食品に独特の酸味や風味を与えています。

 

また、腸に常在し腸内環境を整えることにも役立っています。乳酸菌が生成した乳酸は腸内環境を酸性に変え、他の微生物の繁殖を抑えます。その一方で乳酸菌自身は比較的低いpH条件下でもよく増殖する性質を持っていますので、乳酸の生成は自分自身の増殖を有利にするための活動ともいえます。

 

・乳酸菌が人間にもたらす効果とは

乳酸菌には、現在多くの効果が認められています。
特定健康食品(トクホ)は、科学的な根拠があると認められた上でその機能を表示することが許可された食品ですが、その中には 下痢や便秘の改善、血圧,血清コレステロールの低下、更には花粉症等のアレルギー症状の改善などの効果をうたう食品が多数あります

 

特に免疫機能の改善については近年様々な機関で研究が進められています。
その中の成果として、乳酸菌の働きが免疫因子のインターフェロンを増加させることが分かってきました。このことにより乳酸菌が人の自己治癒力が高め、アレルギー症状(アトピーや花粉症)を緩和し、更には肝炎などのウィルス性疾患の予防にも効果があることが知られるようになりました。また、インターフェロンはがん化した細胞にも作用することから、がんの進行を遅延させるという効果にも期待が寄せられています。

 

乳酸菌は人間に対し根本的な体質改善を実現する力を持っており、病気になりにくい体質を作るために大変役立つ細菌であると言えます。

 

 

協力サイト
【1か月!】青汁ダイエット入門

一時期私は、花粉症で苦しんでいました。さかのぼれば、小学校の時代にその症状が出てしまったのですね。
当時の私はちょっと山に近いエリアに住んでいたのですが、恐らくそれが一番大きな原因だったと思います。山の周辺は、もちろん杉などが非常に多く生えていますね。それで小学生の私は花粉症になってしまったのですが、一番大変なのが真夜中です。とにかく夜眠れなくて困りました。
花粉症の数ある症状の中でも、鼻づまりは特に深刻ですね。あれで鼻で呼吸ができなくなってしまいますので、夜眠れないケースも頻発してしまいました。それで連日寝不足になってしまったのは、本当に大変でしたね。

 

フェカリス菌を含むヨーグルトで花粉症がだいぶ楽になった

 

ある日私は、あるヨーグルトに興味を持ちました。
ある時に私は、ヨーグルトと花粉症の因果関係を学んだのですね。花粉症はお腹の中の免疫等が暴走してしまうので、発生する症状になります。ところがヨーグルトなどを摂取すると、その暴走を抑えられると聞いたのですね。その話に興味を持って、私はある時からヨーグルトを摂取するのが良いと考えるようになりました。
それである日私は、あるメーカーから販売されているヨーグルトを摂取するようになりました。それを飲み始めてから、まず鼻づまりがだいぶ楽になったのですね。前述のように真夜中に鼻づまりで起こされてしまう事も多かったのですが、ヨーグルトを服用するようになってから、それもほぼ皆無になりました。もっとも鼻づまりが完全に解消された訳でもなかったのですが。
またそれを服用し始めてから、鼻をかむ回数も大きく減ったのですね。今までは1日に10数回以上も鼻をかんでいたのですが、ヨーグルト服用後はせいぜい数回程度になりました。ちょっとびっくりしました。
恐らくそれは、ヨーグルトの中に含まれているフェカリス菌が活躍してくれたからだと思います。あれはお腹に届きやすい菌類の1つなのですが、花粉症との因果関係が発見されているのですね。それを摂取しますと、私のように鼻をかむ回数が大きく減る傾向があります。
>>便秘 解消

 

ちなみに私は、いまだにそのヨーグルトを服用しています。服用しないと、ちょっと困りますね。春の時期にそのヨーグルトを飲まないと、ちょっと大変です。従来のように、夜に眠れなくなってしまうからです。
とても良いヨーグルトに巡りあうことができて、良かったです。親戚も最近は花粉症で悩んでいるようですが、ちょっとお勧めしてあげようかなと最近は考えています。

続きを読む≫ 2015/10/09 17:39:09

自分は、幼少の頃からアトピー性皮膚炎を患っており、ずっとその症状に悩んでいました。治療のために皮膚科に行くと、1〜2分程度皮膚を簡単に見ただけで、じゃあステロイドを出しておきますね、と言って、いつもステロイド軟こうを渡されるだけでした。

 

そんな同じようなやり取りが面倒になり、いつからか処方箋だけをもらって、ステロイド軟こうをさっさともらって帰るだけ、というようなことも続きました。
そして、せっせと毎日お風呂から上がるたびに、ステロイド軟こうを塗り続けていました。確かにその翌日には、びっくりするほど皮膚は綺麗になり、良くなっていましたが、またしばらくすると湿疹が現れ、完治することはありませんでした。
そんな状況が10年以上続き、社会人になってから、徐々にステロイド軟こうを塗っても、症状を抑えられなくなってきました。

 

また、手など一部のみの湿疹だったのが、全身に湿疹が出るようになり、体中にステロイドを塗るようになりました。
それでも明確な治療効果が出ないまましばらく過ぎ、さすがにこのままでは良くない、と考え色々とアトピーについて調べました。
すると、脱ステロイド治療という治療方法があることを知り、思い切って脱ステロイドに踏み切りました。
脱ステロイドを行うと、一気に症状が悪化に、日常生活が困難になるほどの激しいリバウンドに襲われました。
全身から、浸出液と血液が溢れ出し、体中がべとべとで、それはとても人間らしい状態ではありませんでした。
あまりの辛さから、さらに色々とアトピーについて調べ、食事が大きく影響していることを知りました。
そこで見つけたのが、ケールの青汁でした。

 

青汁の中でも、大麦若葉などは比較的飲みやすい味なのですが、ケールは苦みが強く、美味しさを求める人からは避けられる傾向にあるとのことでした。
しかし、その分栄養価も高く、またアトピーの症状を和らげる効果もあると知り、ケールの青汁を購入し飲み始めました。
飲み方としては、青汁を成分無調整の豆乳に混ぜて飲む、という単純なものです。
一日、2〜3杯程度飲むようにし、できる限り飲み忘れる日を作らないように気を付けました。
その結果として、徐々に脱ステロイドのリバウンド症状を収まっていき、皮疹が良くなっていく事を実感することができました。
脱ステロイドから3か月経過した時点で、まだ一部に症状は残るものの、かなりの部分で良くなり、青汁を飲み続けたことも良かったのではないか、と考えております。

続きを読む≫ 2015/09/18 22:58:18

きっかけは酷い便秘でした。
便秘が酷過ぎて、体調が悪くなり、家事も仕事も億劫になる毎日を過ごしていました。便秘は生理の時は特に酷く、精神的にも辛くイライラもするし、何事にもやる気も出ないし、体内に毒素がたまっているからか顔色も悪く、ニキビとか吹き出物も多く本当に辛い日々でした。

 

便秘を病気と思って病院へ行って治してもいいのかもしれませんが、便秘で病院へ行くのはかなり勇気がいります。出来れば生活の見直しなどで治したいものです。
まず食生活を改善しようと思いました。

 

いろいろな事にやる気が出ないとどうしてもきちんとした食事をする為の料理をしなければいけない、と思っていてもなかなか出来ないものです。手間をかけた料理は精神的にしんどいので、何か楽にちょいたし程度で出来る事は無いかと考えました。そこで気が付いたのは乳酸菌です。いろいろなタイプの乳酸菌飲料や、サプリが売られています。お試しするつもりでいろいろ飲んだり食べたりしました。美味しかった物はまた買えばいいし、ダメだった物はサヨナラです。

 

乳酸菌は効果がありました。
いろいろな商品を試していたら、だんだんと便秘が治ってきました。最初はカッチカッチの物が出てきましたが、だんだん柔らかくなり、量も多くなりました。たくさん出るようになると、身体がすごく楽になっている事に気が付きました。今までお腹が痛いのが当たり前過ぎて気が付かなかったのですが、お腹を気にしなくていいととっても身体が楽です。身体が楽だと、アレコレと気が付いた事もさっと出来るようになり、今までだったら絶対にしなかったような仕事や家事もサクッとこなせます。

 

顔色が良くなったと言われます。
便秘が解消されて、デトックスして、身体の中の毒が抜けて行くと共に、顔色が良くなったと言われるようになりました。変な吹き出物が出来る数もぐっと減ってきました。いい方向に向かうと気持ちも晴れやかになります。これからも乳酸菌を取り続けて腸内環境が悪くならないようにと思います。

続きを読む≫ 2015/08/08 03:07:08